飲酒運転防止ガイド > 飲酒運転と法律 > 飲酒運転で受ける罰

飲酒運転と法律

飲酒運転で受ける罰

飲酒運転の罰についてまとめてみましたのでご参照ください。



行政上の責任

行政上のルールに基づいて、免許の停止・取り消しなどの
処罰をうけることになります。
減点される点数はこちらの表を参考にしてください。

基準値 違反点数 免許
酒気帯び運転 呼気中アルコール濃度0.15 mg以上 6点 免許停止30
呼気中アルコール濃度0.25 mg以上 13点 免許停止90
酒酔い運転 酒に酔った状態で運転が困難だと思われる状態 25点 免許取消
2年間免許取得できない
危険運転致死傷罪 飲酒運転で人を死傷させた 45点 免許取消
5年間免許取得できない



刑事上の責任

道路交通法違反による罰金業務上過失致死罪などによって
懲役などの刑罰を受けることになります。

基準値 刑罰
酒気帯び運転 呼気中アルコール濃度0.15 mg以上 1年以下の懲役又は、30万円以下の罰金
呼気中アルコール濃度0.25 mg以上
酒酔い運転 酒に酔った状態で運転が困難だと思われる状態 3年以下の懲役又は、50万円以下の罰金
危険運転致死傷罪 飲酒運転で人を死傷させた 怪我の場合→10年以下の懲役
死亡させた場合→1年以上15年以下の懲役



民事上の損害賠償責任


事故の加害者が被害者に負う民事上の責任のことです。
一般的には示談によって賠償額は決定されますが
示談がこじれれば、裁判で争うことにもなります。



自動車保険で補償されるのはこの民事上の賠償ですが
飲酒運転の際に補償される賠償は被害者のみであり、
通例は加害者は、自動車保険会社から補償を受けることは難しい
と考えてください。


http://inshuunten.com/images/eae_line_b.gif

■ 飲酒運転防止にアルコールチェッカー


数秒でアルコール濃度を検出出来る携帯用のアルコール検出器。飲酒運転の罰則強化に伴い、注目度急上昇中のアイテム。飲酒運転防止に最適のアイテムです。


詳細はこちら