飲酒運転防止ガイド > 飲酒運転Q&A > 反則金と罰則金ってどこか違うの?

飲酒運転Q&A

反則金と罰則金ってどこか違うの?


反則金と罰則金・・・
どちらも悪いことをしてしまったときにお金を支払うイメージというのは
あると思いますがその違いはわかりますか?



反則金とは、簡潔にいうと軽い違反のとき支払うお金のことです。
反則金というのは違反の種類によって金額があらかじめ決められており
反則金を支払うとその違反に対する罰則はそこで終了となります。



これに対して罰則金は、重い違反のときに支払うお金です。
罰則金は事故の度合いによって金額も異なっており
刑事裁判によって金額が決定されます。



この罰則金を支払うような違反はとても重いもので
「前科」がつきます。しかも検察庁に出頭し取調べの後
刑事裁判を受けることになります。
(略式起訴の場合は簡易の裁判になります)



ちなみに飲酒運転。これはもちろん罰金刑になります。
前科もつきますし大変重い刑だと思ってください。
またそのほかの罰金刑には、無免許運転や速度超過などあります。


http://inshuunten.com/images/eae_line_b.gif

■ 飲酒運転防止にアルコールチェッカー


数秒でアルコール濃度を検出出来る携帯用のアルコール検出器。飲酒運転の罰則強化に伴い、注目度急上昇中のアイテム。飲酒運転防止に最適のアイテムです。


詳細はこちら