飲酒運転防止ガイド > 飲酒運転と法律 > 飲酒運転の罰金

飲酒運転と法律

飲酒運転の罰金


飲酒運転は、厳密にいうと酒気帯び運転と酒酔い運転に
わけることができますがどちらも発覚すれば罰金を支払う
ことになります。



酒酔運転は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金
酒気帯び運転、1年以下の懲役または30万円以下の罰金

ということになっています。



この飲酒運転の罰金は、2001年に制定された道路交通法が
改正され、罰の度合いが増えました。



道路法改正の前では、
酒酔運転は、2年以下の懲役または10万円以下の罰金
酒気帯び運転は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金

でしたので大幅に罰金が強化されたことになります。



また罰金の金額はいくらと決まっているということはありませんが
裁判所の判例に基づいてだいたいの相場が決まっています


http://inshuunten.com/images/eae_line_b.gif

■ 飲酒運転防止にアルコールチェッカー


数秒でアルコール濃度を検出出来る携帯用のアルコール検出器。飲酒運転の罰則強化に伴い、注目度急上昇中のアイテム。飲酒運転防止に最適のアイテムです。


詳細はこちら