飲酒運転防止ガイド > 飲酒運転対策 > 飲酒運転防止と企業の取り組み

飲酒運転対策

飲酒運転防止と企業の取り組み


最近の飲酒運転に関する世論の高まりから
企業も飲酒運転防止に積極的に乗り出している。



たとえば、NTTドコモは、携帯電話でアルコール検知器のシステムを
取り入れた「アルコールチェックシステム」を開発。
携帯に息を吹きかけることで自動的に感知し遠隔地にデータを送信
することができる



飲酒運転防止に努める運送業界などから予想を上回る問い合わせが
あったそうです。



またトヨタや日産などの国内の車メーカーも飲酒運転防止対策としての
車開発に力を入れている。
アルコールを飲んでいたら車のエンジンがかからないようなシステムの
開発である。



スウェーデンのボルボ・カーズが開発した車はシートベルトにアルコール
検知器があらかじめ備え付けられていて、アルコールが未検地かつ
シートベルトをきちんと締めていないと車のエンジンがかからないような
システムを搭載しているということです。


参照 「ストップ飲酒運転」加速 携帯で遠隔チェック


http://inshuunten.com/images/eae_line_b.gif

■ 飲酒運転防止にアルコールチェッカー


数秒でアルコール濃度を検出出来る携帯用のアルコール検出器。飲酒運転の罰則強化に伴い、注目度急上昇中のアイテム。飲酒運転防止に最適のアイテムです。


詳細はこちら