飲酒運転防止ガイド > 飲酒運転と法律 > 飲酒運転の基準

飲酒運転と法律

飲酒運転の基準


飲酒運転と一言でいっていますが、飲酒運転にも
きちんと基準があります。ただ厳密にいうと飲酒
運転も二つの種類があり酒気帯び運転と酒酔い
運転です。



上記の二つが飲酒運転となる基準を表にまとめた
ので参照してください。

基準値 違反点数
酒気帯び運転 呼気中アルコール濃度0.15 mg以上 6点
呼気中アルコール濃度0.25 mg以上 13点
酒酔い運転 特に基準はない 25点


酒酔い運転は、呼気中アルコール濃度が基準ではありません
この酒酔い運転で検問にひっかかる場合は、
「アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態」
であって、これは警察側の方が総合的に判断することになります。
(警察側ではいくつかのチェック項目があるという話です)



酒気帯び運転とは、アルコール検知器によって
呼気の中に含まれるアルコール濃度を計測します。
その濃度が上記の数値を超えると罰金刑と免許点数を
減点されることになります。



参考までに、呼気中アルコール濃度0.15 mgというのは
2時間の会合で、はじめのビールを一杯飲んで、
それからは何も飲まない状態程度と思ってください。



また注意して欲しいこととして、この呼気中アルコール濃度が基準値を
満たしていなくても飲酒をして運転をしたら飲酒運転となり違反である。
つまり酒を飲んだら車を運転することは絶対に避けるべきということに
なります


http://inshuunten.com/images/eae_line_b.gif

■ 飲酒運転防止にアルコールチェッカー


数秒でアルコール濃度を検出出来る携帯用のアルコール検出器。飲酒運転の罰則強化に伴い、注目度急上昇中のアイテム。飲酒運転防止に最適のアイテムです。


詳細はこちら